ついヒトに言いたくなる英語ネタのブログ

英語にまつわることを書いていきます。

日本人は秘密主義?

英文を日本語訳する時には感じないのに、日本語の文を英語に直す時に困ることが多々あります。

 

一番の問題は日本語では情報が少なすぎるからです。

日本語は秘密主義者向きの言語!?

 

まず、主語の問題。

英語では主語は必須ですが、日本語では省略が多いです。

 

明日、お伺いします。

誰がお伺いするのかが明記されていません。

文脈から書いている本人がいくのかなと推測はできますが。

 

で、次に、単数なのか複数なのかという問題が浮上します。

I will visit you tomorrow.

We will visit you tomorrow.

 

単数か複数かというのは日本人が疎いカテゴリーかもしれません。

ちなみに、Excuse me!といいながら人が多いところを通る時、もし連れがいる場合はExcuse us!というべきですね。

もし、カップルで歩いていて「ちょっとすみません!」という時にExcuse me!と言ったら、相手はなんだかちょっとガッカリするかもです。何?!自分だけ?と思われちゃれそうですよ。

 

そして、性別の問題。

あなたの彼氏/彼女が

今日友達とあった。ラーメンが食べたいと言うから一緒に行った」と言ったとします。

この友達とやらは男性なのか女性なのか、、、

気になることもあるでしょう。

プライドもあり詮索したくない、、と言う場合は、答えは闇の中。。。

 

これを英語で言うとどうなるでしょう。

He/She said he /she wanted to eat Ramen, so....

2文目ですぐにわかります!!

 

詳しい情報を得ようとすると根掘り葉掘り詮索している感じもするし。

わざとではないのでしょうが、英語のやりとりに慣れていると日本語でのやりとりでは相手が「秘密主義」に感じてしまうこともありそうです。

 

 

文字や文法の違いだけでなく、言語はそれを使う国民性とも関係していそうですね!

そして、やっぱり日本語から英語への訳文は難しいなと感じるのでありました。